<header> <!-- RssFeed追加 --> <link href="https://wkwk.tokyo/feed/" title="RSS" type="application/rss+xml" rel="alternate" /> </header>

顔の毛穴、黒ずみ対策 マル秘テクニック

乾燥が気になる時期。

肌のカサつきやテカリは勿論のこと、より一層気になるのが「(主に)顔の毛穴や黒ずみ」です。

乾燥により肌の水分が蒸発してしまうため、いつもより肌が荒れ毛穴が開いてしまいがち

毛穴が開くと、黒ずみまでもが目立つように…。

慌てて保湿をしても、今度は化粧水や美容液が肌に入っていかない!

思うように保湿ができないため、結果お化粧は崩れやすくなるし、メイクをしても却って汚く見えるしで良いことがありません。

元来乾燥肌の私は、毛穴問題に悩まされていました。

根本的な問題を解決するために、皮膚科へ通いましたが、効果はイマイチ。

それどころか処方されたピーリング作用のあるジェルクリームが肌に合わなかったため、逆に肌が荒れ大変なことに。

この結果を踏まえ、なるべく皮膚に負担をかけない形での毛穴黒ずみ対策をすべく、本やインターネットでの情報収集の日々が続きました。

おかげで今では、以下を実践するようになってから、すっかり毛穴問題で悩まされることが少なくなってきました(仕事の理由で生活リズムが崩れた場合を除く)。

今回は顔の毛穴や黒ずみ対策として、

・その1:毛穴シートは使わない!
・その2:洗顔を見直す
 -「の」の字洗顔法
 -効果

・その3:美容液の選び方

をご紹介したいと思います。

しばし、お付き合いいただければ幸いです。

その1:毛穴シートは使わない!

結論から、申し上げると⚠️強制的に毛穴の角栓をとる「毛穴シート」の使用はお勧めしません!⚠️

これには、悲惨な私の経験談があります。

…鏡で見ると、白黒混合の角栓がぎっしり溜まっている状況。毛穴シートで強制的に角栓を引き抜いてやろう!と思ったのがきっかけです。

いざ、パックを行いシートを剥がしてみると、取れるわ取れるわ!

「やってやった!」という達成感でいっぱいでした。

しかし、その後悲しい結果に。

強制的に毛穴から角栓をとったために毛穴が開いてしまい、更にそこにまた新たな皮脂が溜まり、より毛穴が目立つようになってしまったのです。

また毛穴が開いてしまうことで、皮脂が酸化し黒い角栓が大量発生。

以来、毛穴シートは使用していません。

その2:洗顔を見直す

毛穴シートで痛い目を見たため、初心に帰り洗顔を見直すことにしました。

そもそも、1日の汚れを落としターンオーバーをスムーズにできる肌環境を整えることこそが毛穴レスへの道なのではないかと考えたためです。

そこで、ブラシを使っての洗顔を始めてみました。

「の」の字洗顔法

用意するもの
・ブラシ
・固形石鹸

洗い方

ブラシを濡らします
→親指と人差し指でブラシの毛先を絞ると、1、2滴水が出るくらいまで水分を含ませます
②ブラシを石鹸の上に置きます
→石鹸の上でブラシを「の」の字を描くようにクルクル回します
③石鹸の上から細かく泡が立ってきたら、更にピンポン大の泡を作ります
→①~③までの所要時間は1分ほど。時間はかかりません
④ピンポン大の泡を、おでこ・頬骨・鼻周り・顎に置きます。
ブラシで「の」の字を描くように洗顔します

💡ブラシ洗顔のメリットは、

・手で泡立てる手間がなくなった
→ブラシで泡立てるためキメが細かくもっちりした泡が作れる。
・ブ ラシの毛先が毛穴に溜まった皮脂をかき出してくれる
短い時間で理想の泡が作れる

3点です。

🚨注意点として、

鼻周り以外は、ブラシでの「の」の字洗顔は1~2周でやめる
→おでこ・頬骨・顎の肌はデリケート。ブラシで擦り過ぎてしまうと、痒みや肌荒れ乾燥が起きてしまいます。
泡を洗い流す時には、手で顔を擦らない
→水で、泡を落とすという感覚。手で擦って、汚れを落とすことがないように注意しています。
自分の肌にあったブラシを選ぶ
→ブラシは、様々な素材(ポリエステル素材、山羊や灰リスなどの毛など)のものがあります。いくつか試してみて自分の肌にあったブラシを選び、使用することで肌を傷つけることなく気持ちよく洗顔ができています。

以上です。

効果

ブラシ「の」の字洗顔を始めて半年。実感している効果を以下に挙げます。

毛穴の角栓70%減
→白黒角栓が減りました。特に、黒い角栓はほぼありません!
白黒混合の角栓がぎっしり溜まっている状況(全盛期)から、白い角栓がまだ3割ほど残っているので引き続き「の」の字洗顔を継続したいと思います。
洗顔後の美容液の入りが良くなった
→今まで、「肌がベタベタするな。この美容液は自分に合わないのでは?」と思っていた美容液がするすると肌に馴染み、使用後に肌がベタつくことがなくなりました。
あなた(美容液)のせいにしてごめんなさい。自分のせいでした。
肌が明るくなった
→洗顔によるターンオーバーの促進、美容液による効果が出やすくなった結果だと思っています。
肌が柔らかくスベスベになった
→不要な汚れや皮脂をその日のうちに、落としているおかげだと思います。もちもちスベスベです。

以上です。とても、満足しています。

その3:美容液の選び方

洗顔をした後は美容液を塗っています。現在使用している美容液は、以下2種類(使用順番も同様)です。

①ビタミンC
       ↓
②レチノール

効能や効果は別記事でご紹介しようと思いますが、

主に効果として

・毛穴
・小皺
・ターンオーバー促進
・老化(酸化)防止
・美白

を期待して美容液成分を選んでいます。

洗顔をしっかりと行うことで、より効率的に美容液の有効な成分が肌へ浸透しやすくなり、当該洗顔法を実践する前より効果を実感しています。

お悩みの皆さまへ。ぜひ、参考になりましたら幸いです。