<header> <!-- RssFeed追加 --> <link href="https://wkwk.tokyo/feed/" title="RSS" type="application/rss+xml" rel="alternate" /> </header>

ナビジョン「エフェクターW」ストックしないと不安になる、美白美容液

皆さま、常にストックしている化粧品はありますか?

私は、成分の違う美白化粧品をいくつか保有しています。

知り合いの美容皮膚科の医師が、

シミの発生の原因は、紫外線や過労、環境、老化など、いくつかの理由が重なっているそのため、同じ成分のものを使い続けるのではなく、異なる美白成分を違うタイミングで、または重ねても大丈夫な成分同士を同時に塗布することが最も効果的である

と言っていたからです。(あくまでもこの医師独自の主観的な考えです)

私は「なるほど」と同感し、以来複数の異なる美白成分の美容液を多数揃えるようにしています。

肌の状態によって使い分けたり、その日の気分によって複数重ねたりしています。

昨年、定期購入したアスタリフトの美白美容液をご紹介しました。

★アスタリフトの美白美容液の記事はこちら

それ以外にも、実はストックしないと不安になる医薬部外品美白美容液があります。

それは、トラネキサム酸を主成分とした美白美容液「ナビジョン エフェクターW(100ml 6050円税込。2022年1月現在)」です。

ストックの数、およそ5つ笑。

ちなみにレフィルは、80ml(4400円税込。2022年1月現在)です。

今回は、「ナビジョン エフェクターW(100ml 6050円税込。2022年1月現在)」をご紹介します。

1.成分情報
-ナビジョンを購入した理由
-ナビジョン「エフェクターW」の使用順位
2.使用感
3.ナビジョン「エフェクターW」評価点数

独断と偏見による個人的なレポートですが、少しでも参考になりましたら光栄です。

成分情報

[有効成分]
トラネキサム酸、4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)、グリチルリチン酸ジカリウム、酢酸DL-α-トコフェロール

[その他の成分]
ヒドロキシエチルエチレンウレア,DL-アラニン,濃グリセリン,2-O-エチル-L-アスコルビン酸,ヒアルロン酸ナトリウム(2),ユビデカレノン,オドリコソウエキス,ウコンエキス,精製水,エタノール,ジプロピレングリコール,メチルポリシロキサン,テトラ2-エチルヘキサン酸ペンタエリトリット,α-オレフィンオリゴマー,ジグリセリン,メチルフェニルポリシロキサン,ベヘニルアルコール,キシリット,モノステアリン酸ポリオキシエチレンソルビタン,ポリオキシエチレン(14)ポリオキシプロピレン(7)ジメチルエーテル,親油型モノステアリン酸グリセリル,ステアリルアルコール,N-ステアロイル-N-メチルタウリンナトリウム,N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(フィトステリル・2-オクチルドデシル),クエン酸ナトリウム,キサンタンガム,1,3-ブチレングリコール,クエン酸,メタリン酸ナトリウム,エデト酸二ナトリウム,ピロ亜硫酸ナトリウム,フェノキシエタノール,ベンガラ

有効成分の詳細を調べてみました。

・トラネキサム酸
アミノ酸の一種。
炎症を抑える作用や止血剤として利用されています。そのことから、喉の腫れや口内炎を治療する薬としても使用されています。
血栓症の可能性がある場合には注意が必要ですが、副作用は稀との報告あり。
シミの中でも色素沈着、とりわけ肝斑に効果があると言われています。

・4MSK
メラニンを抑制するサリチル酸の誘導体物質。
シミの箇所周辺の慢性的な肌角質の代謝の悪循環にアプローチ。
肌に留まっているメラニンを排出する作用があります。

・グリチルリチン酸ジカリウム
甘草に含まれる成分。
消炎作用があり、喉の腫れや痛みを抑えるために医薬品のトローチとしても使用されています。

以上の有効成分から、当商品は炎症を抑える成分が豊富に含まれていることが分かります。

そのため、

・日焼けして肌が赤くなってしまった時

・乾燥や過労など、なんとなく肌の調子が悪い時

などに、ナビジョン「エフェクターW」を使っています。

今のところ、肌トラブルを起こすことなく快適に使用できています。

ナビジョンを購入した理由

ナビジョンに出会ったのは、美容皮膚科で購入したことがきっかけでした。

その商品は、「ナビジョンDR TAホワイトエッセンス(45ml11000円税込。2022年1月現在)」。

ずっとリピートし続けていましたが、コロナ禍のご時世で病院に買いに行くのは億劫。

「インターネットで手軽に購入でき、資生堂の商品で同じような成分のものはないか?」と探した結果が「エフェクターW」でした。

もともとトラネキサム酸をシミ治療の目的で化粧品として開発したのは、資生堂。

トラネキサム酸といえば、資生堂!

だからこそ、これからもトラネキサム酸が主成分の美白美容液を購入する時は、「本家本元の資生堂縛りにしよう」と思っています。

ナビジョン「エフェクターW」の使用順位

使用順位は、保湿液→「エフェクターW」といった2ステップです。

当商品は説明書曰く、美白美容液でありながらもクリームの役割(いわゆるフタ)も果たします。

私は、ナビジョンの保湿液「コンディショナーW」は使っていません。

そのため、レチノールなどの導入化粧品→「エフェクターW」→エイジング効果のあるクリーム

といった流れでケアをしています。

「エフェクターW」がクリームの役割も果たすのに、更にクリームを使用している理由は何故か?

それは、導入としてレチノールを使用しているからです。

レチノールを塗ると肌が乾燥してしまうため、よりコックリしたクリームを重ね塗りすることによって肌トラブルを未然に防いでいます。

使用感

・色味
白色
・香り
無臭
やや、エタノールの臭いを感じる
粘度
乳液
柔らかい
サラリ
・肌への浸透度
浸透しやすい
・保湿力
中~高
さらりと良くなじむ
・使用した後の肌の状態
さらりとしているけれど、もっちり保湿されているのがわかる
・保湿持続力
中~高
夏であれば、クリームは特別要らないかもしれません

容器は、このような感じ。

ザ、シンプル。

ポンプ式。

使いやすいです。

塗布した後。

やや光って見えますが、5分もすればしっとりモッチリマット肌になります。

ナビジョン「エフェクターW」 評価点数99/100点中

以下、実感した効果を記載します。

⭕️クスミぬけがすごい
初めて使用して1ヶ月ちょっとで実感したのは、クスミぬけ。
肌のトーンアップでした。
使用し続けて3年ほど経ちますが、間違いなく透明感が増したと自己満足しています。
⭕️肝斑に効果あり
両頬骨部分の肝斑が薄くなりました。
使用して1年ほど経ってから、「あれ?いつの間にか、薄くなってる…」と気がつきました。
⭕️新しいシミが出来にくくなった
正直に告白すると、出来てしまったシミには劇的に効果は出ません。
けれど、これから出来るであろうシミの発生は確実に抑えてくれていると感じています。
しつこいシミや出来てしまったシミには、「年1回フェイシャルレーザーをバチっと当てるしかない。それが一番効率的だ」と考えています。
⭕️肌の調子が悪い時にも使いやすい
炎症を抑えてくれる成分が入っているので、肌の調子が悪い時にも使いやすいです。
この商品を使って悪化したことは、今までありません。
⭕️肌の赤みを抑えてくれる
止血効果を持つトラネキサム酸の効能でしょうか?
・日焼けして赤くなった肌
・乾燥などでおでこなどが赤くなってしまった時
などに使用。
肌の赤みを抑えてくれます。
⭕️指定医薬部外品であること
見た目(や香りなど)より効果を重視しているため、医薬部外品であることは必須条件です。
⭕️美白美容液とクリームの一人二役!充分な保湿力
現在、私はレチノールを使っているため、この商品を使用した後にクリームを使用しています。
けれど、
・レチノールを使っていない時
・ジメジメした夏の時期
は、この商品だけで充分。クリーム要らずでした。
まさに、美白美容液とクリームの一人二役を担う商品です。
⭕️大容量
100mlと大容量。
初回はケース代がかかるため6050円(税込)。
ですが、美容液とクリームを兼ねていてこの値段なら文句はありません。
1回2プッシュで約1ヶ月半持ちます。
⭕️レフィルあり
レフィルは80ml。
価格は、4400円。初回より安く購入でき、エコです。

デメリットは、

▲少しエタノール臭がする
エタノールアレルギーは持っていないため、肌への刺激として感じたことはありません。
しかし、エタノールの刺激に弱い方は一度テスターされてみることをお勧めします。

冒頭にも記載しましたが、ストックしないと不安になる美白美容液です。

(決して、まわし者ではありません笑。念のため)

出産後、急に出始めた肝斑にも効き満足しています。

これからも、リピートし続けます。