<header> <!-- RssFeed追加 --> <link href="https://wkwk.tokyo/feed/" title="RSS" type="application/rss+xml" rel="alternate" /> </header>

香水代わりのボディローション 究極の保湿コスメの旅vol.17

何気ない生活の中で好きな香りをいつも身近に感じられることができたら素敵だな、と思います。

また、緊張した時、不安な時、気持ちが落ち込んだ時…

好きな香りに包まれていると少し安心できます。

そこで「常に香りを身に纏わせたい」となった時に思い浮かぶのは、香水。

けれど、最近どうも香水だと直接的過ぎて「(香りが)キツいなぁ」と感じる機会が多くなりました。

・ほど良く香りが続く
邪魔をしない香り方
・周りを不快に思わせることなく、その場に馴染む香り

以上の条件を満たす香りのアイテム。

保湿も出来て香りも長続きする「一粒で二度美味しいボディローション」があったら最高だと思いませんか?

そんな時にオススメなのが、ザ・ボディショップ「ブラックムスク ボディローション」(250ml2750円税込 2020年8月現在)。

常時使用するアイテムではありません(※理由は、ザ・ボディショップ「ブラックムスク ボディローション」評価点数デメリットを参照)が、塗ると一日中香りを感じられとても気に入っています。

今回はそんな香水の代わりにもなる、ザ・ボディショップ「ブラックムスク ボディローション」をご紹介します。

1.香水代わりのボディローションが心地よい!その理由3つ
2.成分etc
-成分
-使用感
3.ザ・ボディショップ「ブラックムスク ボディローション」評価点数

独断と偏見による個人的なレポートですが、少しでも参考になりましたら光栄です。

香水代わりのボディローションが心地よい!その理由3つ

香水代わりにボディローションを使うと、とても心地良く感じます。

その理由を3つ挙げてみました。

肌への刺激が少ない

1つ目は、肌への刺激が少ないことです。

元来、私は

・(やや)アトピー体質
・超乾燥肌
・敏感肌

のトラブルを招きやすい肌を持っています。

一般的な香水の主成分は、アルコール

そのため使用すると、アルコール成分が肌への刺激となり

・痒み
・赤み
・肌荒れ

などの症状が出る場合があります。

もちろん香水の種類によってアルコール濃度の違いがあったり、また最近ではアルコールフリーの香水も出てきています。

そのため香水を使ったからといって、一概に上記症状が起きる訳ではありません。

しかし、初めから香水代わりの使用目的でボディローションを使えば、アルコールによる直刺激からの肌トラブルを未然に防ぐことができます。

保湿できる

2つ目は、保湿ができること。

香水の場合は、あくまで香りを楽しむための化粧品の分類に分けられます。保湿効果はありません。

一方ボディローションは、肌の保湿を目的としたアイテム。肌を潤し油膜を張って、バリア機能を高めます。そのため、外的刺激から肌を守ります。

肌のバリア機能を高め、香りも楽しむことができる「一粒で二度美味しい」アイテムだと思っています。

ほのかに香る

3つ目は、ほのかに香るアイテムであることです。

香水特有のツンとした直接的(ダイレクト)な香りと比較してみると、ボディローションは周囲に馴染む柔らかい香り方をするように思います。そこに魅力を感じています。

一方香水は、使用量や(香水を)つける部位にも注意を払う必要があります。

たまに、香水をつけている人に対して「めちゃくちゃキツいな(匂うな)」と感じる機会があります。

その方のつけている香水が好きな香りであれば問題ないのですが、正直あまり好みの香りでなかった場合には不快に思うことがあります(ごめんなさい笑)。

人の振り見て我が振り直せ。

…ではないですが、その方に対して私がそう感じたのと同様、私も香水をつけている場合は周囲に不快を与えている可能性が少なからずあり得ます。

ボディローションであれば香水と比較してそういった香りのエチケットを気にする必要は少なくなるのでは、と考えています。

成分etc

ザ・ボディショップ「ブラックムスク ボディローション」は、

・弱酸性
・パラベン(防腐剤)フリー

の商品です。

コミュニティフェアトレード原料を使用しており、

・ブラジル産ババスオイル
・ペルー産ブラジルナッツオイル
・ガーナ産シアバター

が配合されています。

成分

ザ・ボディショップ「ブラックムスク ボディローション」(250ml2750円税込 2020年8月現在)の成分表記を以下、抜粋します。

水、パルミチン酸エチルヘキシル、セテアレス-20、グリセリン、ババス油、ステアレス-2、香料、ブラジルナッツ油シア脂、トロロアオイモドキ種子エキス、カプリリルグリコール、セテアリルアルコール、ジメチコン、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、マルトデキストリン、EDTA-2Na、水酸化Na、フェノキシエタノール

使用感

色味
香り
公式HPにて「スウィートな印象の中にスパイシーさを秘めた遊び心溢れるブラックムスクの香り」との記載あり。
個人的には、バニラエッセンスの香りに近いと感じました。
アメリカのお菓子っぽい香りとも言えるかも。
粘度
サラサラ
乳液に近い
肌への浸透度

スッとなじみ、塗った後はサラサラしベタつきません。
塗布後の肌の光沢感
なし
塗布後の香り持続感

1日中ほのかに香ります。
保湿持続力

上記の通り、サラサラとしており乳液に近いため保湿持続力はあまりありません。

乳液のよう。スルスルと良く伸び、サラッとしています。

ザ・ボディショップ「ブラックムスク ボディローション」レビュー 評価点数95/100点中

以下、実感した効果を記載します。

⭕️香り長続き
この商品を購入した一番の理由が、「香りが長続きする」ことです。もしかしたら香水よりも香りの継続時間が長いかも、と思っています。
足、腕、二の腕をメインに塗っていますが、バニラエッセンスのような甘くて良い匂いが1日中続きます。それ位香りが長続きするので、デコルテに塗ると少し(香りが)煩く感じるかもしれません。
⭕️香りの調節が可能
ボディローションのため全身使用可能ですが、上記の通り塗る部位を指定することで香り方を調節出来ます。
香りを控えめにしたい時は腕だけ塗ってみるとか、逆にもっと香りを感じたいと言う場合は全身に塗ったり重ね塗りしてみたりなど。香りの強弱をつけられ、調節し易いです。
⭕️汗と混じっても嫌な香りにならない
一般論として香りのアイテムは、汗と混じると臭くなることがあります。
しかし、この商品は汗と混じっても嫌な匂いになることがありません。これも、お気に入りの理由の一つです。
⭕️クリームが良く伸びる
使用感でも述べましたが、肌馴染みが良いです。スッと浸透し、ベタベタしない使い心地です。
⭕️肌に優しい
・弱酸性
・パラベン(防腐剤)フリー
のため、肌への刺激が少ないです。安心して使用できています。
⭕️保湿が出来る
・ブラジル産ババスオイル
・ペルー産ブラジルナッツオイル
・ガーナ産シアバター
が配合されています。
但し、保湿持続力はありません。夏むきのサラッと軽い保湿が出来ます。
⭕️コスパ
容量250ml2750円税込で、香水代わりとして考えると大容量低価格です笑。
圧倒的コスパの良さが気に入っています。

デメリットは、

好みの香りかどうか?
デメリットというべきか、そもそもブラックムスクの香りが好みでなかったらお勧めできません笑。香りの好みは人それぞれ異なりますので、検討されている方は店頭などでテスターされることをお勧めします。
保湿目的をメインとして使用するボディクリームではない
上記メリットでも但し書きとして述べましたが、保湿持続時間が短いため、冬の保湿目的をメインとして使用するのであれば保湿力が足りず、(肌質にもよりますが、私の場合は)確実に乾燥すると思います。
しかし、ベタつきやすい季節である夏むきの軽い保湿は出来ます。

以上です。

感想としては、大満足!

香水代わりとして使用できる、1日中香りが長続きするボディローション

として稀有な存在です。

とても気に入っています。当然、無くなったらまたリピートします。

皆さんも試してみてはいかがでしょうか。ご参考になりましたら、幸いです。