<header> <!-- RssFeed追加 --> <link href="https://wkwk.tokyo/feed/" title="RSS" type="application/rss+xml" rel="alternate" /> </header>

アスタリフト「ブライトローション」思わず定期で申し込んだ、美容液みたいな化粧水

毎日使うスキンケア用品。

何をどの順番で使用していますか?

私は、専ら美容液重視派で化粧水は使わず、最後の仕上げにクリームで蓋をする、、、。

というルーティンです。

化粧水は「つけてもつけなくても一緒」くらいの存在としか思っていませんでした。

しかしアラフォーになり、今まで気にならなかったシミがチラホラ。

老化にストップを掛けるべく、スキンケアを補強しなければ!何か新しいアイテムを!

と思い、様々な化粧品を探しました。

探すにあたって、初めから美容液やクリームは除外しました。

現在使用中の2~3種類ほどの美容液とクリームが、充分効果を発揮しているためです。

これ以上、美容液とクリームを追加する気はありませんでした。

…と、なると残るは未所持の化粧水。

色々と探して、アスタリフト「ブライトローション」を購入してみました。

結論から先に言うと、定期お届けサービスを申し込みました

3回目をリピート中です。

初めて「化粧水の存在って大切なんだ」と思えました。

今回は、そんなアスタリフト「ブライトローション」についてレポートします。

1.購入するにあたって重視したポイント
-その1:医薬部外品であること
-その2:コスパがいいこと
-その3:惜しげもなく使える容量であること
2.成分
3.効能
4.使用感
5.アスタリフト「ブライトローション」評価点数

独断と偏見による個人的なレポートですが、少しでも参考になりましたら光栄です。



購入するにあたって注意したポイント

アスタリフト「ブライトローション」を購入するにあたって注意したポイントは、

医薬部外品であること
コスパがいいこと
・惜しげもなく使える容量であること

の3点です。

以下、詳しくお伝えします。

その1:医薬部外品であること

化粧品と医薬部外品との違いをご存知ですか?

私は、数ある化粧品の中で、医薬部外品の表記があるものしか購入していません。

理由は、化粧品に含まれる成分濃度の違いにあります。

成分の濃度の比較

医薬品>医薬部外品>化粧品

一般小売店で購入できるのは、医薬部外品までです。

濃度の高い成分が含まれていた方が効果が見込めるため、購入条件として絶対でした。

もちろん、アスタリフト「ブライトローション」は医薬部外品です。

その2:コスパがいいこと

アスタリフト「ブライトローション」は税込4180円。

定期お届けサービスで購入すると10%オフになるため、初回から申し込んでしまいました。

理由は定期お届けサービスが、とても使い勝手が良いため。

インターネットサイトから、簡単に休止や解約ができます。

そのため、解約手続きが煩わしいということがありません。

わざわざ解約手続きのために、電話をしなければならない、、、

(しかも電話が繋がらず何度も電話しなければならない)

という事態が起こることはありません。

2回目購入以降は、レフィルを買えばもっと安くなります。

レフィルは、税込3739円の10%オフ。送料込みで3665円で購入しています。

後述しますが、効果と保湿力を考えればこの価格は安いと思っています。

その3:惜しげもなく使える容量であること

いくら安く買えたとしても、少量の容器に入っている化粧品を使っても意味なし。

もったいなく思ってしまい、結局は1回の使用量をケチってしまいます。

使用推奨量を使わず効果が半減してしまうことは避けたい。。。

その点、アスタリフト「ブライトローション」は130mlとたっぷりサイズです。

1回朝晩2プッシュ。

ハンドプレスで充分顔の隅々まで、化粧水を行き渡らせることが出来ます。

1ヶ月半はモチます。

成分

以下、成分を抜粋します。

有効成分:アルブチングリチルリチン酸ジカリウム
その他の成分:コラーゲン・トリペプチド F、水溶性コラーゲン液、アスタキサンチン液、N-アセチル-L-ヒドロキシプロリン、ツボクサエキスフェルラ酸、ヒアルロン酸Na-2、海藻エキス(1)、リン酸L-アスコルビルマグネシウム、天然ビタミンE、大豆リン脂質、濃グリセリン、DPG、POEメチルグルコシド、BG、PEG1540、エタノール、POE水添ヒマシ油、グリセリルエチルヘキシルエーテル、オレイン酸ポリグリセリル、ショ糖脂肪酸エステル、グリセリン、フェノキシエタノール、香料、pH調整剤

効能

美白成分
アルブチン

メラニンの素になるチロシナーゼという酵素を阻害し、シミを防ぐ成分。
コケモモなどに含まれ、殺菌作用もある。
肌あれ有効成分
グリチルリチン酸ジカリウム

抗アレルギー薬や風邪薬として使用される。
甘みを持つ成分のため、加工食品の甘味として使われることも。
うるおい成分、くすみケア
ナノAMA +(独自成分)

「AMA」とは、セリ科のハーブ「センテラアジアチカ(ツボクサエキス)」に含まれる
・「アジア酸」
・「マデカッソ酸」
・「アジアチコシド」
という3つの化合物を複合した植物性の成分。

「ナノ化したAMA」は、肌の奥深くにある「メラノサイト」まで届き、シミの元となるメラニンを作り出す「メラノサイト」を休眠化。メラニン生成を抑制する。
ナノ化することで浸透性が高まり、「AMA」のメラニン生成抑制効果が約2倍になることが3次元皮膚モデルで確認されている。
さらに、米ぬか由来成分「フェルラ酸」がくすみをケア

▶︎引用:https://ls-jp.fujifilm.com/astaliftbrand/science/topics/nano-ama.html

ナノアスタキサンチン

活性酸素を取り除く効果が高い。
ナノ化したアスタキサンチンはナノ化していないものと比較して、酵素消去速度は9倍

3種のコラーゲン

・コラーゲン・トリペプチド F
・アスタキサンチン液
・N-アセチル-L-ヒドロキシプロリン

海藻エキス

肌をしっかりと保湿する

使用感

・色味
オレンジ色の透明色
・香り
うっとうしくないバラの香り
・香りの持続力
すぐ消えます
粘度
サラサラ
・肌への浸透度

しっかりハンドプレスすると、肌に染み込んでいくのを感じます
・保湿力
・使用した後の肌の状態
しっとり
・保湿持続力
・内容量
130ml

サラサラの化粧水です。

アスタリフト「ブライトローション」レビュー 評価点数90/100点中



以下、実感した効果を記載します。

⭕️高保湿
化粧水とは思えないほど、高保湿です。
ゆっくりハンドプレスをすると、肌がモチモチになります。
⭕️潤いキープ力
化粧水を使用後しばらくしても、乾燥を感じませんでした。
乾燥注意報が出ている日も、モチモチ肌をキープできています。
⭕️導入液の役割も
ブースター代わりにも使えました。
化粧水使用後に美容液を使っていますが、肌に直に美容液を塗るよりもじっくりと浸透している実感があります。
⭕️クスミ抜け
実は、今まで「クスんでいるな」と感じたことがありませんでした。
けれど、ブライトローションを使用し続けていくと、「あ、今までの自分の肌ってクスんでいたんだ」と自覚するようになりました。
肌が、パッと明るく透明感が出てきたように思います。
⭕️美白効果
ブライトローションとの名前の通り、美白効果がなければ使用する意味がないと思っていたので、購入における最重要ポイントの1つです。
使い始めて3ヶ月以上経ちますが、新たにシミが出来たり、既存のシミが濃くなることはありません。
確実に、美白効果(&予防)は出ているものと思われます。
美容液みたいな化粧水だなと感じています。
⭕️香りの癒し効果
ハンドプレスして化粧水を染み込ませているのですが、その度にふわりとバラの香りが漂います。
香りの癒し効果で、フッと肩の力が抜けリラックス出来ます。

デメリットは、

エタノールによる刺激
某有名サイトのクチコミを見ると、エタノールによる刺激を感じる人がいるようです。
幸い、私自身は刺激による肌トラブルを感じませんでした。
しかし、わずかにエタノールの匂いを感じることがあります。
エタノールに弱い方は最初は現品を買わず、トライアルでお試しされることをお勧めします。
洋服のシミ注意
化粧水に色味がついているため、誤って服につけてしまうとシミになります。
結構、落とすのが大変です。
だからと言って、顔につけても色はつかないのでご安心ください。
▲ポンプがやや使いにくい
ワンプッシュの量が多く、ドバッと出ます。
すると、化粧水が服についたりしてシミに。。。
ポンプが使いにくく、使用の際には注意しています。

以上です。

感想としては、

・高コスパ

・しっかり保湿され、しかも美白効果を感じることができる

と思う商品でした。

結果、冒頭でも書きましたが、定期お届けサービスに申し込みをすることに。

リピ決定です!

以上、購入し定期お届けサービスを申し込んでのレポートでした。